-親子でサイエンス- iPodで楽しむ電子工作

9784861006395
著者:永島 智二
発売元:ビー・エヌ・エヌ新社
発行元:センゲージ ラーニング
ISBN:978-4-86100-639-5
サイズ:B5変型判
ページ:140頁
価格(税込):1,575円

本書の概要

「一人だけで楽しむプレーヤー、これが家族や仲間で聞けたらどんなにたのしいだろうか」、
そんな思いを本書がお手伝いします。

でも「電気や工作は苦手で」とお思いの方もいらっしゃると思いますが、本書があれば、
お父さんでもお母さんでもこどもといっしょに楽しみながら思いを実現できることでしょう。

親子のコミュニケーションをとりながら楽しく学ぶことが出来れば、子供の能力はうんと
伸びるはずです。また、子供の理系離れが言われている昨今、身の回りのものから興味を
持っていくことは非常に有効な手段ではないでしょうか。

まずは、この本で親子の共同作業を始めましょう!

目次

  • 第1章 音楽プレーヤーでスピーカーを鳴らす
  • 第2章 トランジスタでアンプを作る
  • 第3章 本格スピーカーの工作
  • 第4章 ICアンプの製作
  • 第5章 電源の話
  • 第6章 iPod用アンプの製作

訳者「はじめに」より

世間には、安価で高品質の電化製品が溢れかえっており、わざわざ自分の手で工作する
までもなく、ステキなデザインの使いやすい機材が容易に入手できます。残念ながら、素人が
作成した機材では、性能の点で市販の製品をしのぐことは困難な上、往々にして高い出費に
なることがほとんどです。でも、自分で作った機材が、自分の考えるとおりの動作をしてくれる
という感激は、ただお金を出しただけでは味わえません。

物を作るという作業は、検討と判断の繰り返しです。

たとえば「お絵描き」を考えてみましょう。「何を」、「どんな向きから」、「どのくらいの大きさで」、
「なに色で描くか」など、つねに自分で決めながら作業しているのです。
決められた場所に決められた色を塗るだけで、検討の余地のない「塗り絵」では、「自分で
作った」とは言い難いはずです。

まず最初は「モノマネ」から入りましょう。すでにある物を模倣することは、概略が容易に把握
できるので、その世界への第一歩として非常に有用です。未知の世界を体験することは、
なにもわからずに手を動かすだけであっても、楽しく、心が踊る経験です。

ただ、いつまでも「モノマネ」を繰り返すだけでは、進歩がありません。「モノマネ」を繰り返し
ながら、知識と経験を身につけ、少しずつ、自分で検討し判断する訓練を重ねてみてください。

それまでの知識と経験を元に、自分なりの工夫を、少しづつ加えてみましょう。たとえそれが
失敗となっても、なぜ失敗したのかをよく考えることで、失敗は知識と経験に変わり、身に
つきます。そしてそれが次の工夫への材料となります。

最初から完璧な物は作れません。失敗を積み重ね、何度も試行錯誤してください。試行錯誤
を繰り返せば繰り返すほど、完成した時の感激は大くなります。創意工夫を凝らすために頭を
ひねることが、物を作る際の喜びにつながるのではないでしょうか。

本書は、すでに何回か電子キットを作った経験のある大人の方が、お子さんと一緒に工作を
するという想定で書いています(電子工作がまったく初めてという場合は、本書を読む前に、
市販のキットを購入し製作してみることをお勧めします)。そのため、どんなケースを使い、
入出力端子やボリュームをどのように配置するかなど、自由度の多い部分に関しては詳しく
説明してありません。いろいろと工夫を凝らし、自分だけの1台を作ってみてください。

短縮URLを共有する:

*短縮URL[たんしゅくユーアールエル]

とは、長い文字列のURLを短くしたものである。リダイレクトを利用して本来の長いURLに接続する。 例えば、 http://ja.wikipedia.org/wiki/短縮URL のページは、Google URL Shortenerを利用した場合、 http://goo.gl/OCZXl と短縮できる。また「p.tl」ならば、さらに短縮され http://p.tl/aIAn となる。

*Wikipedia