アンディ先生と私 -トヨタが私に教えてくれたこと

9784496043796
著者:パスカル・デニス
訳者:松尾 英俊
発売元:同友館
発行元:センゲージ ラーニング
ISBN:978-4-496-04379-6
ページ:229頁
価格(税込):1,575円

本書の概要

「問題がないこと、それが問題なんだ」

製造業のノーベル賞と称される、新郷賞(2006年度)受賞!
小説を通して、読み解く、トヨタ流ものの見方、考え方、そして生産方式。
あなたの周りで起こっている問題解決のヒントがここにあります。
ものづくりに携わる人のみならず、あらゆる職種の方に読んでほしい1冊です。

期限は1年、閉鎖寸前の自動車工場を甦らせたものとは?

トム・パパス、37歳。
ニュージャージー・モーター・マニュファクチュアリング工場長。
生産台数は落ち込み、工場は閉鎖寸前。
自身は離婚したばかり。
公私共に八方塞がりだが、トヨタの工場立ち上げの伝説の人、アンディ・サイトウとの出会いによって、
トムの人生、そして工場は大きく動き始める。

2007/12/21 朝日新聞「ブックタイムス」掲載記事より抜粋)
「カイゼン」が国際語となっているように、トヨタ生産方式は世界的に優れた生産システムである。
本書は、アメリカの工場を舞台に、この方式の導入によって現場が劇的に変化する過程を描いた小説である。
(中略)
本書の面白さは、PDCA(Plan=計画、Do=実行、Check=評価、Adjust=改善)や、
TPM(トヨタの全員参加生産保全)といった生産方式が、実際の現場で活用される様が手に取るようにわかること。
また、カイゼンに欠かせないのは現場のチームワーク。
トヨタの成功は、
「普通の人々が、すばらしいやり方で、普通の何倍もの効果を上げてる」
ことだとアンディは教える。
日本のものづくりに流れる精神は、さまざまなビジネスの現場で応用が可能で、
十分に結果を出せると信じられる本だ。

目次

  • 第1章 通達
  • 第2章 ミスター・サイトウを探して
  • 第3章 センセイ
  • 第4章 心を捧げる
  • 第5章 ヘンリー・フォードの理想
  • 第6章 工場ツアー
  • 第7章 ツアーは続く
  • 第8章 果てない仕事
  • 第9章 部門管理とは
  • 第10章 ブルー・ジラフでひとときを
  • 第11章 映画を撮る
  • 第12章 キックオフ
  • 第13章 ハートは大きく
  • 第14章 マネーボード
  • 第15章 アストリアの夜
  • 第16章 目で見る管理
  • 第17章 河と岩
  • 第18章 人が変える
  • 第19章 問題なしこそ問題あり
  • 第20章 早期警告システム
  • 第21章 闇の谷
  • 第22章 ヘルプラインについて
  • 第23章 引取りのシステム
  • 第24章 愚か者
  • 第25章 カエルとサソリ、そしてナイチンゲール
  • 第26章 グレープフルーツムーン
短縮URLを共有する:

*短縮URL[たんしゅくユーアールエル]

とは、長い文字列のURLを短くしたものである。リダイレクトを利用して本来の長いURLに接続する。 例えば、 http://ja.wikipedia.org/wiki/短縮URL のページは、Google URL Shortenerを利用した場合、 http://goo.gl/OCZXl と短縮できる。また「p.tl」ならば、さらに短縮され http://p.tl/aIAn となる。

*Wikipedia